ビッグベビーのために、車買い取りして新しい車を

 南米・コロンビアで、生後8か月の赤ちゃんがダイエットに挑んですって。ふつう、ダイエットなんて、子どもに強要してはいけませんよね。大人になってからでないと、体だけでなく、脳の成長にも影響するように思うのですが、テレビの映像を見てびっくり!そりゃ、ダイエットが必要だわ!
この赤ちゃん、豊満な肉体で、体重は約20キロですって。うちの小学1年生の息子でも22キロだよ!

この赤ちゃんは食べ過ぎとミルクの飲み過ぎでメタボリック症候群にかかっていて、野菜や果物のジュースを飲むダイエットに取り組んでいるんですって。半年から1年の間に12キロの減量が目標なんだとか。っていうか、野菜や果物のジュースなんて、飲ませる必要ないじゃん。この子なら、当分、お茶とか水だけでいいよ。と言っても、8か月って、よく考えると、まだ歯も生えそろっていないから「食べる」っていうほどのものを口にしているわけではないのかな?でも、抱っこしている大人より顔が大きい!とても赤ちゃんには見えない顔つき!こりゃ、大変だわ!
この子のお世話なんて、おんぶや抱っこは無理ですね。車買い取りして、重い赤ちゃんのチャイルドシートも着いた車を買わないとね。
でも、あまりに大きすぎる赤ちゃんって、どうしてかわいくないんでしょうね。これ、赤ちゃんがかわいそうだわ!

Filed under: その他 — ctw 4:28 PM

酵素ドリンクを飲んで、今の私を忘れてしまいたい

多くの人の心を鷲づかみにした曲が、別人の作品だったという問題。渦中にある佐村河内守氏の聴力に関しては、数年前から周囲では「聞こえているのでは」という声が上がっていたのだそうです。
クラシックでは異例のヒットとなった「交響曲第1番 HIROSHIMA」は、2008年に広島で初演されました。G8議長サミット記念コンサート~ヒロシマのメッセージを世界に~」で披露されましたが、このときは第1楽章、第3楽章のみの演奏でした。全曲完全版が初めて披露されたのは、それから2年後の10年8月、京都でのことだったそうです。
演奏会当日には、前日まで入院していたという佐村河内氏も会場に足を運んで、1600人の聴衆を集めたコンサートは成功裏に終わりました。でも、その打ち上げの席上で思わぬ事態が起こったとか。実行委員の一人に佐村河内氏が険しい表情で迫って

「気づいた?演奏をカットしてたでしょ?」

と言ったそうです。

実行委員が、 「飛びましたね」というと、 「ああ、やっぱり」と返してきたとか。
実は演奏に際して第3楽章の一部分が、縮められていたのである。この演奏会は「完全版の世界初演」と謳っていたこともあって、“作曲者”としては許し難かったのかもしれない。ただ短縮されたのは、2カ所で2分ほどのこと。わずかなカットに瞬時に気づく「絶対聴力」が、このときにはあったということなのだろうか。
これは、4年前の話です。この時ですら、80分にも及ぶ大曲のわずかな一部分の違いを瞬時に認識したのです。居合わせた人が「全聾ではなく聞こえているのかもしれない」という印象を持っても編ではないですよね。

いったいどこまでが本当なのでしょうね。

私も自分の体を見て、これ、どこまでが本当の私?と疑ってしまいそうになることがあります。酵素ドリンクを飲んだら、その姿も忘れえてしまうかしら?

Filed under: その他 — ctw 9:28 AM

今度のランチは全身永久脱毛の相談かな

友達とときどきランチをします。
ペースとしては月1回といったところかな。
普段人との接触がない私としては、結構重要な息抜きの場です。
前は結婚してなかったり、子供がいなかったり、と環境がばらばらだったけど、今はみんな結婚して子供ありだからね。
共通の話題はつきないものです。
今度はそのメンバーに加えて、先輩も加わる予定。
女子4人がそろえば、そりゃあにぎやかなランチになることでしょう。
私は今度そのメンバーがそろえば聞いてみたいことがあって。
みんな脱毛ってどうやっている?ということ。
全身永久脱毛ガイドとかをみると、こまごまと脱毛するより、全身永久脱毛をしてしまったがいい、とあるのだけど。
だけど、それって結構な金額かかるよね、と思って。
というより、みんな脱毛にどれくらいお金かけているのかな、というのが気になって。
聞きにくいことだけど、思い切って聞いたら、みんないろいろとアドバイスをくれそうな気がする。
みんな隠れておしゃれしている子ばっかりだもんね。
一番美容にうといのは私だから、きっといろいろ教えてくれると思います。
今度のランチが楽しみだな。

Filed under: その他 — ctw 2:40 PM

AGA治療の前に食生活の見直しを

うち子が通う小学校の給食。2年後ぐらいから、この町内に新しい給食センターができ、そこから地産地消の食材を使った給食が運ばれることになります。

今も、隣町の地元食材中心の給食となっていて、給食そのものが子どもたちの学習につながっていたりして、田舎に暮らす子どもたちにとってはありがたいことだと思っていたのですが、どうやらTPP関連で多国籍企業から「自由競争の妨げ」と訴えられる可能性があるようなんです。

たしかに、外国からの激安食材なんて入ってきたら、いくら地元でも太刀打ちできないよねぇ。ただ、そこは、学校が安全な給食を提供する義務より、教育的観点からも、しっかりと太刀打ちしてもらいたいですよね。

最近はAGA治療に通う若者が増えたようですが、その原因の一つに、やはり食生活の変化もあるようです。食の欧米化やファーストフードに頼る食事の影響って、大きく出ているのではないかと少し心配になりますよね。

これまで食べてきたもので体は作られているのですから、年齢とともに、その影響が出てくるのは当然ですよね。AGAやメタボなど、病気の様で病気ではない、でも決して軽視できない症状に対して、私たちは、予防をしっかりしていかないといけないと思うので、TPPが実施されても、しっかりとした目で食べ物を選ばないといけないなぁと思っています。

Filed under: その他 — ctw 1:52 PM